本

冊数によって異なる

最近はエクササイズがはやっていますが、エクササイズの本も増えています。自分がエクササイズに興味があり期待も知識がある場合には本を出版してみてもよいでしょう。これから本を出版したい場合には、どれぐらいの費用になるかを頭に入れておかなければいけません。まず、冊数によって費用が大きく変わることを理解しておきましょう。大手の出版社を選ぼうとしても、編集者などと出会わない限りなかなか印刷までこぎつけません。たいていの場合、個人で行う場合には小さな出版社にお願いすることが必要です。小さなところは、一冊から受け付けてくれるでしょう。ただ、一冊だけだと単価が高くなってしまいます。200ページの本を出したとしても一冊当たり1500円ぐらいかかってしまい元が取れません。出版するならば、100冊単位にした方が単価が安くなる傾向があります。

初心者が知っておきたいことは期限

もし、エクササイズの本を出版する場合その期限があったとすればかなり早い段階から業者を選び見本など送ってもらうのがよいでしょう。一般的な流れとしては、まず業者を選んだ後に打ち合わせを行ってきます。この時、まずデータを送って下さいといわれるため、基本的にやり取りはデータベースになることを理解するべきです。その後、本の冊数や表紙の用紙などを決めて見積もりを出してきます。これが決まれば、見本が一冊おくられてくるでしょう。見本自体は無料で送ってくることが多いです。ただ、その見本に納得ができない場合は2回まで修正できる業者が多くなります。それを修正する場合には、有料になりますので注意しておかなければいけません。見本に問題がなければそのまま出版をしてもらえますが、それまで1か月以上の時間がかかると考えた方がよいです。

広告募集中